スポーツタイム

一年間のカリキュラム例(あじさい)

マット・鉄棒 徒手・ゲーム マット・鉄棒 徒手・ゲーム マット・鉄棒 徒手・ゲーム 水遊び(プール) 徒手・ゲーム 水遊び(プール) 徒手・ゲーム ポール・なわ 跳び箱・竹馬 徒手・ゲーム
4月 5月 6月 7月 8月 9月
10月 11月 12月 1月 2月 3月
ポール・なわ 跳び箱・竹馬 大山登山トレーニング 徒手・ゲーム ポール・なわ 跳び箱・竹馬 大山登山トレーニング 徒手・ゲーム ポール・なわ 跳び箱・竹馬 徒手・ゲーム マラソン大会に向けて ソフトジョギング マラソン大会に向けて ソフトジョギング まとめ

講師紹介

スポーツタイムの講師をご紹介します
名前:樋川 龍夫 出身校:東海大学 体育学部 指導歴:幼稚園・小学校・短期大学の講師 スポーツ指導員、体育教師として、 子どもたち・学生にスポーツ(運動) を通して、全人格教育を目指し、現在に至る。

挨拶

子どもたちの健康は発達の基板であり、中でも身体的能力の調和的な発達は特に重要です。 スポーツタイムでは子どもたち自らが興味を持ち、積極的に運動(スポーツ)に取り組む子どもに育てることを目標とし、5領域の「健康」のみならず、他の領域との関連を考慮しながら、総合的な指導を実施します。

成長のあしあと

スポーツタイムを通して体力づくりを行いながら体を動かす楽しさを育んでいます。 一生を通して健康的な身体を保ち続ける大切さや幅広く将来の夢を考えられる手助けになる経験になればと思っております。

園長からひとこと

スポーツタイムではなわとびやマット運動、 鉄棒や跳び箱など様々な運動を実施し、 体を思いのままに動かすことのできる基盤づくりと考えています。 プール遊びでは5歳児時点でほとんどの子どもたちが 面かぶりキックが出来るようになりました。

その他の特別保育はこちら